3つの治療法|キュッと膣引き締めればパートナーも歓喜|トレーニングの効果は色々

キュッと膣引き締めればパートナーも歓喜|トレーニングの効果は色々

女の人

3つの治療法

女の人

膣の緩みに関しては、専門のクリニックで膣引き締め治療を受けることで、効果を実感することができるでしょう。この治療にはいくつかの方法があるので、覚えておくと便利と言えます。基本的にはメスを利用する方法とレーザーや高周波を利用する方法、そしてヒアルロン酸やフィラーを利用する方法があります。まず紹介するのは、メスを使った膣縮小術です。この方法は膣引き締め治療の中でも最も効果が高いと言われている方法で、メスでの切開を行うので2ヶ月程のダウンタイムが必要になるでしょう。膣をどのくらい引き締めるかは、医師が患者と相談しながら判断します。膣の緩み具合によっても治療する範囲が変わるので、料金も変化してくるでしょう。基本的には緩んでしまったり、伸びてしまった筋肉を縫合して緩みを改善する方法です。締りがとても良くなりますが、その為出産は難しくなる方法と言えます。治療後に出産を考えている方にはおすすめしない医師もいるでしょう。レーザーや高周波を利用する方法は、レーザーや高周波で膣壁のゼラチン質を増やしたりすることで緩みを改善します。メスは利用しないので、手軽に効果が実感できる膣引き締め治療方法で、幅広い年代の方に人気です。フィラーやヒアルロン酸を利用した方法は、フィラーやヒアルロン酸を膣の周りに注入して、締りを良くする方法です。注入する素材によっても効果の持続期間が変わってきます。膣引き締め治療としては、効果も高くダウンタイムも必要ないので人気の方法です。出産にも特に影響はないので、治療後に出産を考えているかたにも利用できます。